Muraoka Greaves Laboratory Top
村岡・グリーブス研究室

村岡・グリーブス研究室 


trend2010

インターネットを支える情報ストレージ技術 

インターネットやスマートホンなど情報化社会の恩恵なくしては現代の日常生活は成り立ちません。文字や画像だけではなく音声や動画を含めた多様なコンテンツ情報がコンピュータとネットワークの中を高速で行き来しており、5年で10倍とも言われる情報量の急激な増加が続いています。この大量の情報をネットワーク...
続きを読む


hdd1

高密度大容量ストレージ技術と垂直磁気記録ハードディスク 

現在最も広く用いられている情報ストレージデバイスはハードディスク装置で磁気を用いた高密度情報記録を行っています。その情報記録密度は極めて高く0.03ミクロン四方の大きさのビットを1平方センチに1千億ビットの密度で並べて大容量記録することができます。この高い記録密度を実現しているのが...
続きを読む

mura2_2009

大容量高速ストレージシステム 

ファイルサーバには多数のハードディスク装置が内蔵されて、データアクセスの際には同時駆動されています。サーバには大容量化・高速データ転送化・高信頼性・低消費電力化・低ビットコストなどの...
続きを読む

関連情報 

 村岡・グリーブス研究室(通研:情報ストレージシステム)

 村岡・グリーブス研究室(電気系:情報ストレージシステム)

 村岡・グリーブス研究室(IISRC:情報ストレージシステム)

 中村技術開発室(IT21センター)

 未来社会実現のためのICT基盤技術の研究開発  (旧 次世代IT基盤基盤構築のための研究開発)(IT21センター)



学部3年生のみなさんへ 
村岡・グリーブス研究室の紹介

新着情報

2016年12月8~9日愛媛大学で開催の
磁気記録・情報ストレージ研究会で
M2の渡邊 快君が発表

2016年11月21~22日東北学院大学の
多賀城キャンパスで開催の平成28年度
スピ二クス特別研究会でM1の
佐藤信之君と斎藤 仁君が発表

2016年10月27~28日シンガポールで開催の Nano-S & T 2016 で M2 の渡邊 快君が発表

2016年9月20~23日北海道大学で開催の2016電子情報通信学会ソサイエティ大会で
M2の渡邊 快君とM1の菊地忠裕君が発表

2016年9月5~8日金沢大学角間
キャンパスで開催の第40回日本磁気学会
学術講演会でM2の秋田谷尚紀君と
廣川祐生君が発表

2016年8月30~31日東北工業大学で
開催の2016電気関係学会東北支部連合大会でM2の渡邊 快君とM1の齋藤 仁君、佐藤信之君、間瀬朗生君が発表

2016年8月2~3日公立はこだて未来大学で開催の2016電気学会電子・情報・システム部門情報システム研究会でM1の金子 舜君が発表

2016年7月10~14日熊本市国際センターで開催のEAIS2016でM1の金子 舜君が発表